中文版| English| 日本語| 한국어
概要燕達医学研究院分子診
燕達医学研究院乾細胞・再生医学研究所は医療、科学研究、教育を一...
学研究院分子診断・生物チップ研究所の概要
1、感染性疾病の分子診断および薬抵抗性検査、2、遺伝性疾病の分子診...
燕達医学研究院分子診断・生物チップ研究所
分子診断・生物チップ研究所は燕達医学研究院の重要な部分です。当...
    燕達国際医学研究院は燕達国際医療健康城の五大コアプレート(燕達国際病院、燕達金色年華養護センター、燕達国際医学研究院、燕達国際医療看護育成学院、燕達国際会議センター)の一つで、国際化、市場化、情報化、開放型の医学研究機構です。
    燕達国際医学研究院は「プラットフォームは開放、プロジェクトは流動、資源は最適化、科学技術は応用」という管理システムを実施して、「未来に立脚、着実に発展」という原則に基づき、「3つの所、1つのセンター」、つまり分子診断と生物チップ研究所、乾細胞・再生医学研究所、医学検査所、及び生物治療センターを設置しています。燕達国際医学研究院は乾細胞治療、遺伝子治療、分子診断などの世界先進的な医学技術の展開を基礎にして、生物高分子分析と分子診断、細胞リモデリングと生物治療などの技術体系の創建並びに改善を通じて、ゲノミクス、プロテオミクス、抗体免疫学、遺伝子治療、細胞治療と個人経営化医薬などの分野において知的所有権のあるコア技術と産業化可能な実用性のあるシリーズ成果を形成しています。成果転化を加速すると同時に、これらの技術を総合的に運用して、各種の腫瘍、心脳血管病、肝臓病、糖尿病及びアンチエイジングなどという重大な難病並びに老年病に対して、臨床診療とリハビリ指導を行って、燕達国際病院と健康養護センターの全体臨床水準とリハビリレベルが絶えずに高まるように牽引して、燕達国際健康城の持続可能な発展にサポート、サービスします。 
    燕達国際医学研究院は完備したインフラ設備と世界一流の、国内尖端的な科学研究計器設備を持っています。600数平方メートルの国家GMP標準に合う無菌層流実験室と浄化セミワークスが建設してあり、二つの400平方メートル近くの公共研究実験室があって、大規模な遺伝子配列解明と細胞生物治療、染色体エピトープ蛍光分析、細胞分離精製とスケール拡張などの研究プロジェクトを展開できます。
    3~5年内に、燕達国際医学研究院を国内外で一定の影響力のある研究機構を作り上げて、特色のある学科群及びアカデミー会員にリードされて国際影響力と競争力のあるチームを形成するように努力している。燕達国際医学研究院は北京・天津に立脚して、周辺と国内外に輻射・影響していて、燕達国際健康城を支点として、医学研究院の梃のような役割を果たして、人類の健康事業の盛んな発展をこじ開けています。